中学受験における算数の難易度と対策

中学受験の算数の難易度は、有名私立中学や難関校の場合、小学校で習わないレベルの問題が出題され、中学生で習う連立方程式などを使って解く方がスピードアップを図れる場合など、進学塾でしか習うことができないテクニックが必要になるケースがあります。

有名私立中学を志望する息子は、算数の成績は良い方でしたが、応用問題の正答率が極端に低く、通っている進学塾では、難関校を目指す場合は応用問題に対応できる力を身に付けなければ厳しい状況になると指摘されました。

難関校の中学受験における算数の応用問題では、解法が一つではなく、複数のアプローチがあるのが通例です。進学塾では、問題を解く時間を出来るだけ少なくするように、解法を絞って教えるという効率化を図っており、夏期集中講座などで、あらゆるパターンの問題に対してそれぞれ最短時間で解ける解法を頭に叩き込むトレーニングを実施してもらいました。

息子は、暗記力に自信があり、進学塾のトレーニングに付いていくことが出来ましたので、問題の種類と最短時間で解ける解法の組み合わせをマスターし、受験に臨むことが出来たのです。中学受験においては、試験問題を効率的に解くテクニックが非常に重要であるということが分かりました。