中学受験で算数の成績が飛躍的に伸びた

2016年度の駒場東邦中学の合格体験記にも書きましたが、子供は論理的思考が必要となる数学や算数が苦手な場合が多いのですが、私の子供もそうでした。理数系が得意だと論理的思考で物事を組み立てることができるようになり、自分で理論立ててトライ&エラーや結論を出すことができるようになると考えているので、理数系の強い中学受験をさせようと思い、塾に通わせていました。

中学受験は塾の選定が勝負だと考えており、子供の思考や取組みなど傾向と対策を子供ごとに立ててくれる塾を選択しました。

親子2人三脚

選んだ塾では親子面談も行っており、親が子供をどうしたいのか、子供はどのような科目が好きか、それに対してどのようなアプローチをするべきかを提案し、一緒に考えてくれるところだったので、算数を伸ばすにはどのような中学受験の勉強をしたほうが良いかを提案していただけました。家に帰ってからも1学年下の算数ドリルを反復して中学受験の勉強するなどして基礎力を上げるなど、家族の取り組みも必要であるとの指導をもらいながら、家族一丸となって取り組めたことがとてもよかったです。

算数の成績が飛躍的に良くなったため、さらに上の中学も狙えるとのご意見をいただいた時は子供よりも嬉しかったですし、子供もそれを聞いてさらにやる気を出してくれました。面談などで塾に足繁く通う必要もあったので、中学受験は親子2人三脚だということが身に染みた体験でした。